2014/10/07

おかんの日記 ダナンの5日間 ~1日目~

2014年9月21日母は成田から飛び立った。

快晴!飛行機は順調にダナンに向かって飛び続けた。席を窓際に取った。
小窓から雲のジュウタンが見える。母は昔プロペラ機で韓国の仁川空港に行ったことがあるがそれ以来海外には行ったことがない。その時もひとりで雲のジュウタンをみたような思いがよみがえってきた。その時もひとりだった。母の飛行機での旅は楽しい記憶とは程遠い。

機内食がまわってきた。ジャパニーズスタイルをいただく。わりに美味しかった!5時間は思ったより早く過ぎ去ってくれ、着陸のアナウンスがされた。窓の外はもう暗い。真下にダナンの街並みが広がっている。ダナンは道路が碁盤の目になっていてその沿線にオレンジ色の街灯が等間隔に点っていた。どこまでもそれはオレンジ色・・・懐かしい色だ・・と思った。

いよいよ着陸!出国の手続きをし、空港の外に出た!  息子が“おかんココだよ”と、出迎えに来ている。我が息子の顔にホットひと安心!見ると隣に誰かいる。
一緒に仕事している現地の“ニエン”という若い、いかにも真面目そうな青年が笑ってる。

“ハジメマシテワタシハ 「ニエン」 デス”息子が“マイ マザー”と紹介してくれた。

“はじめまして~”母も笑顔で言った。

ニエンはバイクで母と息子はタクシーでホテル“ムオンタン”に。今夜と明日はムオンタンで2泊の予定。部屋は24階 広くて快適。ベットが大きい!まるで4人は寝れるんじゃないか!見晴らしも良い!窓から下を見る。何かが違う!!車が走ってないのだ!走っているのはみんなバイク!ヒョイヒョイとバイクが団体で走っているではないか!トンボの国にいる錯覚すらしてきた!

信号機も見当たらない、ヒヤヒヤものだ。みな若い!老いてる人がいないんでは?今まで若者しか見てない気がする。。“戦争で皆死んだんだよ!だから若者しかいない”って息子が教えてくれた。 平均年齢がこの国は27とか28とか。日本とは全く違う世界感を感じた。

夕食はダナンの海岸沿いにあるレストラン?海鮮料理店?に行った。
別のホテルに今日着いたという日本人の又吉さんと(この人も規格外?の仕事を海外でやっているという)ニエンと母と息子の4人でイセエビみたいな海老を注文した。たらいの中でこのエビは活きていて注文してから調理されて出てきた!4人で2匹。よってひとりで半身をいただける。さっきまで活きていた海老は身がプリプリしていて甘いココナツ味のドレッシングがかけられていてすごく美味しかった!

あと 長い魚(ドラゴンみたいな)の焼いたのと貝のスープとご飯(タイ米)だ。それにタイガービール! これでひとり2千円ぐらいの計算になるらしい。
ベトナムではすごい贅沢!!庶民はめったに食べられないのかも。。
タイガービールは冷えてなく、コップに氷を入れてそのうえからビールを注ぐ。これは母好みのビールに変身。苦みが消えとても薄くなるので水みたいにガバガバ飲めるのだ。
ご馳走さまでした。会食後、又吉さんをホテルに送り届け、ホテルムオンタンに戻った。
息子とニエンとはここで今夜はお別れ。

ひとりになり、することもなく・・テレビもベトナム語だしね! バスタブがないシャワー室で髪を洗いついでに身体も洗い、何んとなく物足りない気持ちでお風呂を済ませた。湯船に浸かりたいなぁ~!!
ホテルのトイレにはペーパーがあった。ベトナムの空港でトイレに行った時パーパーがないので息子に話したところ“ただでペーパーが使えるのは日本だけだよ・・・”と。

めぐまれている国だ!わが日本国!!

ランキングに参加しています。クリックひとつよろしくおねがいします!! にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
コメントを投稿