2014/05/09

南シナ海での衝突について思うこと

全く平和ボケしていないベトナム



ロシアとウクライナの件がこんなところにまで飛び火する事になるとは。

領土問題へ他国が介入できない事がわかった中国はこのタイミングで色々と冒険的なちょっかいを出している様子。その流れで南シナ海の領有権問題に端を発した小競り合いが始まってしまった。武力衝突にはまだ至っていない様子だが、既に負傷者が出ているとのこと。これは大変よろしくない状況である。

ベトナム国内ではこの動きに対して、瞬発力の高い反応を示しているように感じる。ここダナンはいつものんびりしたところだけど、緊張の高まりと団結を感じる。例えばfacebookのアイコンが国旗に変わっていたりとか、軍に関する記事が急に増えたりとか、ホーチミンさんの話題があがってきたりとか。いつもは全く見かけないヘリコプターが旋回していたりとか。既に戦いの準備を進めている雰囲気を感じる。

瞬時に平時とは違う雰囲気に変わる。これは今の日本では絶対に起こらない現象だと思う。ベトナムは全く平和ボケしていない。そして自信に満ち溢れている。

ともあれ、平和的な解決をしていただきたいと切に願う。自分にできることは静かに見守る事だけだ。
コメントを投稿