2014/06/17

売れないLINEスタンプの作り方

LINEスタンプが全く売れません!!

アケビー
弊社はLINEクリエイターズマーケットにアケビー&サムバディをリリースしましたが、これが全く売れません!!

今回はなぜ売れないのかという要因(敗因)を分析します。


電撃ニュース拡散



振り返ること3ヶ月前、LINEのマーケットでクリエイターが出品できるようになるよという電撃ニュースがネット界隈を駆け巡りました。


この時考えたこと


これは10年に一度のお祭りの予感。

これに乗らない手はない。

初動が早い方が良いのはこの業界の鉄則。


4月にクリエイター登録開始というアナウンスがされていたので、4月のどのタイミングでも出品可能なスケジュールでとりあえず見切り発車でデザイン製作を開始しました。


製作にあたり参考にした事


実はこれまでLINEスタンプを購入した事がありませんでした。なのでまずはどんなものが売れているのかを分析してみる事に。

するとわかったのは有名なキャラクターが売れているという事でした。(なんと浅はかな分析・・・)


この時考えたこと


そうか、キャラ立ちが重要なんだな。
よし、今回はキモキャラで行こう!!(思い込み)


はい、
たぶんここが間違いです。


その後、素敵なきもキャラに命を吹き込むクリエイティブを行い、アケビーと愉快な仲間たちというあけびリスペクト的なコンセプトの名のもとに、40体のゆかいなきもキャラ軍団が誕生しました。

リリース


そして登録解禁日の翌々日(タイに行っていて遅れた)にマーケットへ登録完了。
実際にマーケットへリリースされたのは5月末でした。


その後の進捗


facebook経由で友人達がぽちぽち購入してくれていますが、今のところ市場には全く受け入れられていません。

ランキングは常に圏外を彷徨っています。


なぜ売れないのか


そもそものクオリティーの問題はさておき、売れているスタンプがあるにもかかわらず売れていないスタンプがあるのには理由があるはずです。

すると最近になり、LINEスタンプを売るにはこうしたらいいよ的なエントリがぽちぽち出始めました。


LINEスタンプのマーケティングに関する良記事のまとめ


LINEスタンプでお金を稼ぎたい人はまずこれを読めっと!




売れるLINEスタンプを作るには


上記の良質な記事を読みあさり、簡単にまとめると以下のようなポイントが重要ではないかというのが今のところの最適解です。

アケビーの企画をした私の行動パターンと比較してみます。

1.ユーザ層のどのレイヤーがスタンプを購入するかを意識


普段スタンプを購入しない層に訴求するより、普段から購入している層に訴求した方が良いということ。

->企画当初の段階では、マーケティングデータもなかったのでどのユーザ層が実際にスタンプを購入しているのかというイメージが全く持てていませんでした。(買う人は買うでしょ的な雑なイメージ)


2.人気のキャラクタの見た目を参考にする


売れているスタンプのデザインには偏った方向性があり、その方向性を目指せば売れやすいという事。

->その発想はありませんでした。私はマネが嫌いなのでマーケッターに向いていないかもしれません。。。


3.機能性を意識したデザイン


どのような場面でスタンプを送るのかを意識して、場面に特化したデザインを考えるということ。

->私自信がスタンプを一切使っていないので、場面という軸ではまったく雰囲気が掴めていませんでした。


4.ターゲットユーザの生の声を聞く


スタンプのヘビーユーザにデザインをチェックしてもらい、辛口なコメントをもらうということ。

->周囲にスタンプのヘビーユーザがおらず、さらにベトナムにいる事もあり誰にも相談できませんでした。


次回はヒット間違いなし!!


これだけ要点を抑えれば、次のスタンプはミラクルヒット間違いなし!!
早速次のスタンプリリースに向けて着々とキャラクタデザインが進行中です。


ただしこれは結果論なので、もしかしたらキモいあけびーが大流行した可能性もゼロでは無く、何が起こるかわからないところへ奇想天外なキャラを投入したチャレンジ精神は評価されてもいいかなと自己評価しております。


そして、実はあけびーの件は失敗じゃないと思ってます。
こんなにも多くの事を学べて、吸収できましたから。

やっぱりノリと勢いでとりあえず作っちゃうのもそれはそれでいいんじゃないかと思ってます。



ともあれ、クリエイティブを含めた商品に対して評価をいただけるのは市場であり、その先のお客さんなので、今回の失敗は真摯に受け止め、今後はより魅力ある商品開発を意識して邁進する所存であります。

The 顧客志向。

LINEスタンプ制作サービスのご案内

上記の反省を踏まえて、売れるLINEスタンプを制作します。制作費は業界最安の一式38,500円です。LINEスタンプを制作したいが絵が描けない方や、企業やサービスのプロモーションを検討の方はお気軽にご相談ください。


>>LINEスタンプ制作サービス


なんとなくあけびーが気になる方へ

あけびーだよー

いや、あけびーキモカワウィしそれはそれでいいんじゃね?と思った人はこちらからご購入いただけると嬉しいです。

LINEマーケット:アケビー&サムバディ

ランキングに参加しています。クリックひとつよろしくおねがいします!! にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
コメントを投稿