2014/06/02

日本語教室を開催してみた

ダナンで日本語教室 第1回

当日の様子

ベトナムに住んでいると時々日本語を話せるベトナム人に出会うことがあります。

驚いて「なんで日本語話せるの?」と尋ねると、
日本の会社に勤めていたとか、留学していたとか、日本語学校に通っているという答えが返ってきます。

ベトナムでは日本語は人気がある語学なのですが、新しく文字を覚えなければならないので習熟ハードルが高く、なかなか気軽に踏み出せなかったり、独学での学習は難しいとの事。

なので最近は英語を勉強してオーストラリアに出稼ぎにいくパターンが多いらしいです。

じゃあ試しにやってみますか

そこで、日本語に興味がある人を対象にした、誰でも気軽に参加できる日本語教室をスタートしました。完全無料なので一種のボランティア活動なのですが、たくさんの現地人と知り合いたいという思惑とイベント集客のテストマーケという側面もあります。

イベント告知と参加者の募集

今回のイベント告知の媒体はfacebookのみです。別エントリで書きましたが、ベトナムのfacebookユーザは2500万人もいてほぼ毎日facebookを利用しているという事なので、試しに広告を使ってみました。

イベント集客のKPI

まず英語でfacebookページを立ち上げて、そのページ内でイベントを開設。
広告費を500円に設定して地域属性をダナンに設定。
1周間ほど連続的に広告出稿しました。2時間かかったので作業費は1500円とします。

結果、25000人にリーチしておよそ30人の参加希望者が集まりました。
ざっくり0.12%の反応率です。

その中で実際に足を運んでくれたのは6人でした。
20%の参加率です。

したがって、CPAは(1500+500)/6=333円という事になります。
今回は無料なのでROASを考慮しませんが、有料イベントでも利益が出せそうな手応えを感じます。

facebook広告かなり威力ありますね。ローカル情報ならさらに高いパフォーマンスを発揮するのでは。

まぁ、とりあえずこれで今後のfacebook広告運用に関する指標の参考値がとれました。

勉強会等に最適なカフェ

ダナンの街にはたくさんのカフェがありますが、オープンエアだったり賑やかすぎたりなかなかこういうイベントにマッチする会場が無いのですが、たまたま通りすがりで良い場所を見つけました。
Leevins study coffee
Leevins study coffeeというお店で、店内は空調が効いており、客層はほとんどが学生かフリーランサー。コンセプトが勉強カフェなので落ち着いた雰囲気も学習環境に最適。もちろんwi-fiも利用可能。

今回は3階の部屋半分を借りる事にしました。
部屋のレンタルフィーなどは一切かかりません。1ドリンクでOKです。
ちなみに私はフルーツジュースをオーダーしましたが、おいしかったです。

ダナンでコワーキングスペースをお探しのフリーランスの方にもおすすめのお店です。

Leevins study coffee
ADDRESS:134 Phan Chau Trinh
TEL:091-567-1010

第一回の振り返り

今回のテーマは「あいさつ」と「ひらがな」、
全部日本語で進めようかと思っていましたが、結論としては参加者に基礎知識が無いのでどうにもこうにも無理でした。
どうしても英語で解説する必要があります。

日本人が英会話を学ぶ時は、全部英語でもなんとかなるのは義務教育の下地が役だっている事を肌で理解する事ができました。

学習へのスタンス

実際に日本語会話をしてみて感じた事は、大きくわけて3パターンの学習姿勢があるという事です。

  • 記憶を重視して反復しながら覚えようとするタイプ
  • 文節単位で単語を理解していくタイプ
  • ノリで楽しむタイプ
ちなみに飲み込みの早い人は上記の全パターンを兼ね揃えていて、各要素を満遍なく持っています。

スタンスによる学習成果の違い


  • 記憶して記憶する方法は、小さな単元に対して有効だが、応用がきかない
  • 文節単位で理解していく方法は、吸収が遅くなり、全体のペースについていけない
  • ノリで楽しめる人は、割と吸収が早い


今回の経験を基に、次回以降はより理解の深まる講座になるように内容をブラッシュアップします。
こちらもかなり勉強させてもらいました。

日本式ビジネス研修への応用

今回の経験は私の会社(ベトナムマイラボ)で実施しているエンジニア教育にも役立っています。以降もより高度なエンジニア人材育成を実現できるように、教育者としての勉強を続けていきます。

ランキングに参加しています。クリックひとつよろしくおねがいします!! にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
コメントを投稿